自宅で簡単!しみ・しわ改善方法

米ぬかで美肌に

米のとぎ汁は、美肌成分たっぷりです。
米の表面についている「米ぬか」には、
セラミドをはじめとする成分が含まれています。
セラミドは、私たちの皮膚の表皮細胞の隙間にあるもので、
肌を乾燥や細菌などの攻撃から守る役目を果たす
細胞間脂質といわれるものの一つです。

 

そして、肌にしみ込みやすい脂溶性なので、
米ぬかに含まれているビタミンやミネラル類も、
セラミドによって肌に浸透していきます。

 

さらに、ビタミンEやビタミンB群など、
米ぬかには様々な美肌成分が含まれています。

 

ビタミンEは、老化防止ビタミンと呼ばれています。
肌に様々な悪影響をもたらす活性酸素から肌を守ってくれます。
また、血液の流れを良くする作用によって、
肌の張りやツヤを保つことができます。

 

ビタミンB群は、新しい細胞が生まれる基底層の表皮細胞に働きかける作用があります。
新陳代謝を促し、美白効果やシミ、シワを防いで若々しい肌の維持をサポートします。

 

* 米といっても、肌の状態などによってアレルギーを起こす人もいます。
 必ずパッチテストをしてから行いましょう。

米発酵化粧水の作り方

(1) 玄米4分の1カップを、たっぷりの水に一晩浸します。

 

(2) (1)をザルにあけて水を切り、黒い布か新聞紙で遮光し、乾燥を防ぎます。

 

(3) 三日間、一日3回、水大さじ3をかけて湿らせ、再度遮光しておきます。

 

(4) (3)の工程を玄米が発芽するまで、3日間ほど行います。

 

(5) 発芽玄米と水1リットルをガラスの容器に入れて、2〜3日間、常温に起きます。

 

(6) 発酵水だけを濾し取ったら完成です。

 

米発酵化粧水は、冷蔵庫で保存し、3日で使い切るようにしましょう。

 

使い方は、米発酵化粧水大さじ4に、水大さじ2を加えてまぜ、
コットンやパックシートに浸して15分ほど顔に乗せます。
乾燥が気になる人は、さらに薄めて使いましょう。

米のとぎ汁洗顔

(1) 米をといだときに出る、とぎ汁を取っておきましょう。

 

(2) お米は無農薬のものを使いましょう。

 

(3) 通常通り洗顔した後、とぎ汁ですすいでタオルで拭きます。

 

洗顔石鹸で洗顔をしていない状態のときでも、米のとぎ汁洗顔を行うとさっぱりします。

米ぬかパック

材料: 米ぬか大さじ山盛り1、はちみつ小さじ山盛り2、
   ホホバオイル小さじ1、ラベンダー水小さじ2弱

 

(1) 容器に米ぬかを入れます。

 

(2) 他の材料を加えます。
   はちみつとオイルは保湿、ラベンダーは水の洗浄力を高めます。

 

(3) よく混ぜたら完成です。

 

米ぬかパックは、一度で使い切りましょう。

 

米ぬかパックは、汚れを落とした肌に塗り、5分起きます。
優しくマッサージしながら洗い流したら、
いつも通りの化粧水でケアをします。

米ぬか袋洗顔のやり方

(1) 目の詰まった木綿小袋を作り、米ぬかを入れて袋の口を閉めます。
   市販の米ぬか袋でも使えます。

 

(2) (1)を洗面器のお湯の中でもみほぐします。

 

(3) 優しく肌表面に円を描くようになでて、顔の汚れを落とします。