自宅で簡単!しみ・しわ改善方法

ネバネバ納豆でモチモチ肌

ヒトの体は、水分を除いた残りのほぼ50%がたんぱく質でできています。
そして、このたんぱく質は20種類のアミノ酸から形成されています。
そのアミノ酸の一つで、グルタミン酸がたくさん結合したものを
ポリグルタミン酸(PGA)といいます。

 

納豆のネバネバやぬるぬるの正体は、このポリグルタミン酸(PGA)で、
PGAを肌に着けると角質に直接作用して保水力が高まり、
肌の水分蒸発を抑えてくれます。

 

肌が持っている本来の保湿機能を高める効果もあり、
その効果はコラーゲンやヒアルロン酸の2倍に匹敵します。

 

角質層の保水性や保湿因子の量は、シミやシワと深く関係しています。
肌の水分量が減少すると、角質層の奥の真皮や表皮にあるヒアルロン酸が減少します。
すると、奥のコラーゲン線維に悪影響が及び、
線維が変性してちぎれたりすれば、肌表面がざらついたり、シワになるなどします。

 

健康な肌は、約28日周期でターンオーバーをくり返し、
新しい肌へと生まれ変わります。
ですが、日常的に紫外線を浴びていたり、強い精神的ストレスを抱えていたり、
不規則な食事や睡眠不足、そして加齢などによって、
その周期は乱れてしまい、肌のターンオーバー機能が悪くなります。

 

放置すれば、剥がれ落ちるはずの古い角質層は残り、
新しい肌細胞の数が減って、くすみや肌荒れ、ニキビ、毛穴のつまりなど
様々な肌トラブルの原因となります。

 

また、ターンオーバーが滞れば、
ターンオーバーによって薄くなるはずのシミも濃く残ってしまいます。

 

ポリグルタミン酸(PGA)は、肌のターンオーバーを促す重要な働きを担います。

 

極身近な食べ物である納豆ですが、食べることによって食物繊維を摂ることができ、
便秘が解消し、新陳代謝が活発になります。
また、ローションや石けんにして肌に使っても、
保湿効果がえられ、しっとりとしたモチモチの肌を目指すことができるのです。

 

ポリグルタミン酸(PGA)を配合した納豆石けんで洗顔すると、
汚れや古い角質を落としながら必要なうるおいを残すことができます。
そして、肌の保湿力が高まり、肌の水分量も増えるので、
洗いあがりもつっぱらず、しっとりします。

 

さらにポリグルタミン酸(PGA)を配合した納豆石けんは、
アトピー肌の改善にも効果的でシワの予防もできます。

納豆石けんの作り方

材料: 納豆50g、無水エタノール500ml、せっけんのもと100g
用意するもの: ボウル2個、ザル、はし、ガーゼ2枚、軽量カップ、ガラス容器、
       泡だて器、石鹸を固める型

 

石けんを固める型は、牛乳パックなどを使います。

 

 

(1) 納豆をよく混ぜます。

 

(2) (1)をボウルに入れて水150mlを加えて粘り気を洗い落とします。

 

(3) ザルとガーゼで、(2)を濾します。

 

(4) 軽く絞って、液体のみを抽出します。
   豆は捨てます。

 

(5) (4)の溶液の2倍量のエタノールを入れた縦長の容器に、
    箸に伝わらせながら少しずつ液体を注ぎます。
    かき混ぜると、箸に白い糸のようなものがとれます。
    この糸の様なものが、美肌成分のPGAです。

 

(6) 箸についたPGAをはがしとります。

 

(7) (6)からエタノールの水分をよく切り、水80mlに溶かします。
    時々かき混ぜながら、2時間ほど放置すると、溶けます。

 

(8) 石けんのもとに(7)を加えて、手でよく混ぜ合わせます。

 

(9) 型につめて、4〜5日置きます。

 

(10) 型から取り出したら完成です。

納豆ローションの作り方

材料: 納豆50g、無水エタノール500ml
用意するもの: ボウル2個、箸、ザル、ガーゼ2枚、
       軽量カップ、ガラス容器、泡だて器、ローションを入れる容器

 

(1) 納豆をよく混ぜます。

 

(2) (1)をボウルに入れて水150mlを加えて粘り気を洗い落とします。

 

(3) ザルとガーゼで、(2)を濾します。

 

(4) 軽く絞って、液体のみを抽出します。
   豆は捨てます。

 

(5) (4)の溶液の2倍量のエタノールを入れた縦長の容器に、
    箸に伝わらせながら少しずつ液体を注ぎます。
    かき混ぜると、箸に白い糸のようなものがとれます。
    この糸の様なものが、美肌成分のPGAです。

 

(6) 箸についたPGAをはがしとります。

 

(7) (6)からエタノールの水分をよく切り、水80mlに溶かします。
    時々かき混ぜながら、2時間ほど放置すると、溶けます。

 

(8) (7)の液を容器に入れたらできあがりです。
    冷蔵庫で保存し、一週間以内に使い切りましょう。

 

ポリグルタミン酸(PGA)を配合した納豆ローションは、
PGAが皮脂の変わりになってくれるので、
肌に適度な水分をおぎないながら、角質層の奥に影響を与え、
肌の天然保湿因子であるNMFを増やします。
結果、肌が本来持っている保湿機能を高めることが出来るのです。