自宅で簡単!しみ・しわ改善方法

唇回しとは

ほうれい線は、解剖学的に言うと「鼻唇溝」といいます。
文字通り、「鼻唇溝」は、鼻と唇の間にできる溝のことで、
老顔の大きな原因になります。

 

とはいっても、鼻の真下から、唇の中央にかけての溝ではなく、
ほうれい線「鼻唇溝」は、ほおの下と小鼻から口角に向かうラインの間にできる
八の字状のシワのことをいいます。

 

ほうれい線は、年齢を重ねれば誰でも深くなっていく加齢ジワですが、
笑ったり怒ったりすることで、唇を動かすことによって日々刻み込まれている
表情じわです。

 

さて、「唇回し」で、ほうれい線を薄く、シワを目立たなくさせませんか?

 

唇回しによって、表情筋を鍛えると、顔や首元にかけての血流量が高くなり、
肌の色艶もぐんとよくなります。

 

さらに、唇回しは、免疫力の低下や口臭の改善効果もあり、
顎関節症も軽減するので、いびきの対策としても効果的です。

唇回しのやり方

でんでんむしむし・・・の歌にあわせて行います。

 

(1) で〜んでんむしむしかたつむり

 

ぶくぶくうがいをする要領で、右の頬を8回膨らませます。

 

(2) お前のめだまはどこにある

 

ぶくぶくうがいをする要領で、左の頬を8回膨らませます。

 

(3) つのだせ

 

唇の上の部分を目一杯膨らませます。

 

(4) やりだせ

 

唇の舌の部分を目一杯膨らませます。

 

(5) あたまだせ

 

唇をとがらせて、両頬を思い切り膨らませ、目も大きく見開きます。

 

(1)〜(5)を2回繰り返して1セットです。

 

家事をしながら、テレビを見ながら・・・いつでもできるので、
一日に7〜8セットくらいはこなしてみてください。